保育士の国家試験のポイント
menu

国家試験の対策

保育士の国家試験の対策は独学でやっている方が多いです。中には予備校に通っている方もいます。市販されている参考書だけで対策をすることもできるのですが、万全を期したいならば保育士の試験対策をしている学校へ通うことも方法の一つです。

筆記試験についてはとにかくテキストを繰り返し読んで勉強をしましょう。過去問を解くことはとても重要です。出題傾向を理解することができるからです。ただし、あまり昔の過去問は法令が改正されている可能性があるため注意しましょう。6割以上取れば合格できるため、全科目をまんべんなく勉強し、すべての科目で合格点を取れるように目指しましょう。

実技試験については、たとえばすでに楽器が弾ける方や絵が描ける方はあまり苦労はしないでしょう。しかし、そのような特別なスキルがないならば、実技試験の対策講座を利用すると良いでしょう。実技試験についてはいくらテキストを読んでも対策にはなりません。きちんと教えてくれる人が必要となります。自分の苦手なところや出来ないところをチェックしてくれることで、どこを改善すれば良いのか分かりやすいでしょう。

しっかりと対策をして国家試験に臨んでください。合格率はそれほど高くないため、きちんと試験対策をすることが欠かせないでしょう。